成人女子の多くが、日常的な冷え性と貧血、そして偏頭痛に悩まされています。
偏頭痛の原因はストレスや遺伝、月経による女性ホルモンのアンバランスです。
人によっては満員電車の環境、キツイ香水や洗剤の香りが偏頭痛を引き起こす事があります。

悩みの種を取り除くため、頭痛薬を常備し、服用する人々もいらっしゃいます。
効果の優しい頭痛薬であれば日常的に服用してもリスクはありません。
むしろ偏頭痛が現れ次第、迅速に服用した方が家事や作業のリスクが無くなります。
ただし、効果が優しいと言っても医薬品ですので、他の商品との飲み合わせには注意が必須です。
医薬品には併用禁止の成分が存在し、大衆薬である頭痛薬と言えども禁じられる他の医薬品との同時服用はいけません。
避妊薬と頭痛薬を同時に飲む場合も、一定の注意が必要です。
原則、市販されている日本製の頭痛薬であれば飲み合わせによる影響は現れません。
しかし医院などで個人的に処方されるお薬の中には、副作用を生じさせる成分のものがありますので、
避妊薬を新たに飲み始める際は、通院している病院のスタッフに飲み合わせに関して相談すべきです。
また避妊薬は特定の成分を含むサプリメント等によっても、影響を受ける事があります。

ただし一般的に病院で処方される風邪薬や便秘のお薬、漢方薬、そして頭痛薬であれば特に気を配る必要はありません。
あくまで念のために主治医に確認しておけば十分なレベルであり、普通の頭痛薬よりも、
女性が気をつけたいのは喘息のお薬や抗生物質の方でしょう。
ペニシリン系の成分やテトラサイクリン系は、避妊薬の働きを阻害する恐れがありますので、
処方された方は、飲み合わせに注意し、どちらか一方を優先するようにしましょう。