避妊薬は、望まない妊娠を避けることができる薬品であり、多くの避妊用品と異なり、女性が自分の意志で使用することができることが特徴です。しかし、避妊薬は、妊娠を避けるだけの効果に留まりません。多くの避妊薬では、女性ホルモンを含んでおり、卵子が卵巣から出て来る排卵作用を抑える効果があります。この効果によって妊娠を避けることができるのですが、排卵を抑制するために、生理痛や、ひいては痩せるためにも効果がありますが、その一方で救急の手当てが必要な副作用が発症することもあります。
例えば、生理前の精神的な不安定状態を軽減することができたり、生理痛が軽くなるといった効果があります。そのため、生理前後も比較的落ち着いた状態で過ごすことができます。人によっては、生理前の不安定な精神状態の時に食べ過ぎることもありますが、避妊薬の服用によって落ち着いた精神状態となれば、食べ過ぎを避けることもできるため、痩せる効果が期待できます。また、過去には避妊薬は体重が増える副作用が心配されていましたが、現在では体重増加に影響しないという研究報告がなされています。生理も軽くなり、望まない妊娠を避けることができるため、適正体重を保つための日々の運動などを続けることができるということも、痩せる効果の一つです。
但し、避妊薬は薬品であり、手に入れるためには処方箋が必要です。そのため、副作用が皆無というわけではありません。静脈血栓症と言う病気になる恐れもあります。また、激しい頭痛や胸痛といった症状が出ることがあります。このような場合には、救急的な処置を行う副作用が発症している恐れもあります。そのため、処方箋を出してもらう際には医師の診断を受けることが必要ですし、副作用と思われる症状が出た場合には、躊躇わず救急病院等を受信することが大切です。