現代は学生や普通の女の子もアルバイトとしてデリヘルやソープなどの風俗ワークで働く時代です。
こうした高額アルバイトである風俗の中でもソープは別格の報酬を得られる仕事として注目を集めています。
ソープで働く女性は多くの方がコンドームなどと同時に避妊薬を服用しています。
避妊薬は自分を守るために欠かせないアイテムとなっているのです。
挿入をしなくてもスマタと呼ばれるふともも付近での摩擦でも精子が混入してしまうこともありますし、指を挿入する際に指に精子がついているとこれも混入の原因となります。
コンドームなどをつけるのも一般的ですが、こうしたコンドームは使用中に敗れてしまったり、外れてしまうなどのリスクもあり、避妊成功率は70%程度となってしまうこともあります。
やはり確実な避妊法として選ばれているのが経口避妊薬です。

経口避妊薬は別名低用量ピルとも呼ばれていますが、その避妊成功率は98%以上ですからほぼ確実に避妊をすることができる最も信頼の置ける避妊法です。
低用量ピルには女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれています。
この卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランスにより、体が妊娠したのと同じような状態になり、排卵を防ぐ事ができるので避妊することが可能になります。

ピルに含まれる卵胞ホルモンの量により、中用量ピル、低用量ピルに分けることができますが、日本で避妊目的として使用されているのは低用量ピルになります。
このピルは避妊目的だけでなく、医療の現場で月経前症候群の治療や、更年期障害の治療などにも利用されており、たいへん安全性が高く信頼できる薬です。
風俗ワークで自分の体を守るためには欠かせないものとなっています。