いつの間にか避妊薬としてピルが有名になりましたが、低用量ピルが解禁される前から生理痛を和らげるために中用量ピルが使われていました。とうぜん低用量でも効果があります。
むしろ副作用で起こりえる血栓症や心筋梗塞のリスクが大幅に減って、太る可能性もほとんどの人にはありません。もちろん吐き気や頭痛、不正性器出血の副作用は残っていますが以前よりも改善されていますし、慣れてしまえば起こらなくなります。低用量ピルの解禁は避妊だけでなく、生理痛での使用者にも朗報だったのです。
経口避妊薬は卵胞ホルモンと黄体ホルモンが主成分で、これらは女性の卵巣で作られています。この二つのホルモンを体外から取り入れると脳が十分にホルモンが分泌されていると判断します。そして、卵巣がホルモンの分泌を中止します。すると、卵巣はホルモンの分泌だけでなく、排卵の活動さえ中止してしまい妊娠しなくなるわけです。
さて生理痛ですが、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが分泌されることによって発生します。これらの分泌量が多い人ほど生理痛が酷くなります。先述の通り、避妊薬は卵胞ホルモンと黄体ホルモンが主成分なので体内でこれらのバランスを整えてくれます。また、生理不順を整えたり、生理の出血量を減らして生理期間を短くしたりといった効果もあります。生理周期も調整できるので、生理の日もずらすことが可能です。
副作用ですが、飲み始めに吐き気などがするケースが多いですが、普通は飲みなれれば発生しなくなります。最初に我慢できれば、問題なく飲み続けることが出来ます。ただ、避妊薬との相性が悪い場合も有りますので、吐き気などが酷ければ違うピルに代えてみましょう。
妊娠できなくなる心配もありません。子供が欲しくなったのなら、ピルの使用をやめるだけで妊娠が可能です。
癌になりやすいといわれていましたが、これは大きな間違いです。長く服用し続ければ子宮体がん、卵巣がんになる可能性が低下します。
ただし、たばこを吸う人は注意が必要です。年齢と喫煙量によっては血栓症や心筋梗塞のリスクが高くなるからです。処方してもらうとき医師と相談するとは思いますが、命の危険があるので重々承知してください。
他にも気をつけて欲しいことは、生理痛だと思った痛みが病気によるものである場合です。その結果、子宮筋腫で妊娠しにくくなったり、子宮内膜症で手術が必要になったりするかもしれません。痛いからといって勝手な判断をせず、医師と相談しましょう。その上で生理痛なら、低用量ピルをおすすめしたいと思います。

■もちろん避妊目的でも十分な効果を発揮します
妊娠したくないならモーニングアフターピル